« 競合店長の入院Ⅱ | トップページ | お盆展開事例 »

2008年7月 7日 (月)

売上レコードⅡ

皆さん、こんにちは
 北関東の食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。

先日は、月に一度の年末並みイベント。

前回もこのイベントに関して投稿した(売上レコード)。

 そして、前回6月のイベントで、売上レコードを更新した青果部門は? 

  残念ながら、昨年実績は大幅に上回ったものの、記録更新は出来ず。
  更に、精肉にも最後に差され、225万止まり。

 青果チーフは凹んでいた。

 しかし、昨年比111%だから、立派なものである。
 
なぜ、凹んだか?

 私が、辛口の評価をしたから。

なぜ?

 前回の売場は、徹底して「攻め」ていた。
 しかし、今回は、それが無い。

 前回の記録更新で、甘く見たのかも知れない。

  「こんな、ものか?」。

 この、気持ちの緩みが、売場と結果に現れた。
 だから、あの時の緊張感と徹底さが、失われた。
 
 そして、前回のイベントで、オペレーションに失敗している「精肉」に負けた。

 私は、そのことに関して、彼に言った。
  「前回のダイナミックさと、徹底さが、今回の売場には無いね」。

 その言葉は、よほどショックだったのだろう。
 見破られた、といった表情がありありだった。

 私は、その件に関しては、それ以上突っ込まなかった。

 替わりに、こんな言葉を投げかけた。

  「このお店は、君も知ってのとおり、当社売上ナンバーワン。
   地域を広げて、県内でもベスト5には残るだろう。

   その売上の高さは、君の力ではない。まして、私の力でもない。
   このお店の歴代の先達が、努力に努力を重ね築き上げた結晶。
   その努力の結晶の土台に、我々は商売をしているのである。

   しかし、売上の高いお店で商売をしている事も、事実。

   だから、ここのお店で仕事ができる「特権」を、大いに活用せよ。

   他のお店では絶対に扱えない商品でも、売上高に消されて、ロスなど
   気にせず扱える。

   そして、グレードの高い商品の品揃えの経験が、仕事の技術を肥やす。

   グルメが、美味しいものを食べるほど、舌を肥やすのと同じ。
   グレードの高い商品ほど、担当者の技術を肥やすのである。

   だったら、このお店で仕事が出来る「特権」を大いに活かすべき」。

   この話は、他のチーフには、全員にしている。
   当然、前任のチーフ(現副店長)にも、口酸っぱく言ってきた。

   そうやって、イベントに強いお店造りが定着していくのである。

  私の、この言葉に、彼は、本気で頷きながら聞いていた。
  
  更に、

   「あれだけ、タカミメロンを売り込むのであれば、タカミメロンの大玉で、
    お客様が、゜こんなに、でかくていいの?と言わせるサイズを売ってみよ。

    さくらんぼも、産地選りすぐりの、大玉詰め合わせ1kサイズの展開。
     1箱2980円でも、食べ応えのある箱売りでの量販してみよ。

    メキシコマンゴーを、198円で量販するなら、宮崎産の香りの強い
    1980円のマンゴーを30pほど量販してみよ。

     3p品揃えして、1パック売れるのであれば、
     30p置いてみぃー。 20pは売れるから。

    それだけ言っても、どうしても、ビビッて少なめ少なめになってしまう

  しかしながら、私の、本日の言葉で、彼は、目から、鱗が取れたハズ。

  次月の果実の展開が、楽しみでもある。

  凹むな、青果チーフ!!

|

« 競合店長の入院Ⅱ | トップページ | お盆展開事例 »

商売」カテゴリの記事

コメント

KEINさんへ

そうですよ!!。

事実に対して、未来を向くか、過去を向くか。

どうせ悩むなら、未来へ向けて悩みたいですよね。

投稿: てっちゃん | 2008年7月 9日 (水) 07時23分

私も敗北は伸びる余地と前向きに捉える事にします(^O^)/ありがとうございましたm(__)m

投稿: KEIN | 2008年7月 8日 (火) 19時09分

toyoposさん、コメントありがとうございます。

やはり、青果が元気でないと、私も凹んでしまいます。
青果の元気は、お店の元気。

トップからは、チェッカーに目を向けろ、といつも叱咤されていますが、どうしても、生鮮が優先になってしまいます。
こればかりは、私の性格なので。

また、コメントください。

投稿: てっちゃん | 2008年7月 8日 (火) 08時11分

KEINさん、いつもコメントありがとうございます。

私なんか、いつもこの日は、敗北感ですよ。

でも、みんなには、詰めの甘さを認識してもらい、次回へ、を合言葉に進化を目指しています。
お客さまに負けている、と言う事は、まだまだ進化の余地がある、と、わがままなとらえ方をしています。

投稿: てっちゃん | 2008年7月 8日 (火) 08時06分

てっちゃんさん おはようございます~。
いつも楽しく拝見しています。

>売上レコードを更新した青果部門は?

この低成長時代に
さすが頑張っていらっしゃいますね。

>凹むな、青果チーフ!!

おそらく、ご本人もごらんになっているでしょう。
次は、よりイノベーティブにチャレンジ
なさる事でしょう。

ありがとうございました

投稿: toyopos | 2008年7月 8日 (火) 08時03分

すごい売上ですねぇ(@_@)
私の店はのピーク日で6000人くらいのお客様がきたら、レジは混みまくりでレジ前エンドには補充する事もできず、売場はボコボコになります(+_+)
私はといえば、サービスカウンターから離れることができない状況で売場も満足に見ることができません・・・
毎週この日は思い通りになりませんので、いつもお客様に対して敗北感でいっぱいです(T_T)

投稿: KEIN | 2008年7月 8日 (火) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/41758141

この記事へのトラックバック一覧です: 売上レコードⅡ:

« 競合店長の入院Ⅱ | トップページ | お盆展開事例 »