« グロサリーへ「喝」 | トップページ | マイ・ブームⅡ »

2008年7月31日 (木)

お客様からの「通信簿」

皆さん、こんにちは
 北関東の食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。

明日から、8月。

 12月に次ぐ、かきいれどき。
 そして、お客様から、上半期のお店の評価を頂くとき。

 私は、部下に、8月のお盆の数値は、お客様からの「通信簿」だと言っている。

 上半期、春から夏にかけての、お店の商売の評価がお盆の売上実績。
 そして、下半期のお店の評価が年末。

  これは、この商売の、原理原則。

 普段の業績以上でも以下でもない。普段の実績しか、残せないのである。

  だから、普段が大切。

 もう、お客様は、どこでお盆の暮らしを調達しようか、を決めている。

 後は、そのお客様の期待を裏切らない売場を、部下と共に提案できるか。

  そして、それが、年末へ向かう第一歩。

 しかし、お盆期間でも、始まりとピーク、そして後半の流れは、毎年違う。
 そして、日々、時間帯別に商品動向が変化をする。これも毎年違う。

  店長の仕事は、そのお客様の動向を読み、タイムリーに商品提案できる
  情報を、部下と共有できるか。そして、その売場を実現できるか、と言う事。

お盆後

 しかし、今年の夏は、過ごしやすい、と感じているのは、私だけだろうか?
 夜の寝やすさなどは、格別である。

 毎年、この時期の寝苦しさは、夏ばての一因であるが、
 今年の夏は、夜になればなるほど、涼しさが増していく。

  「今年の秋は、早い」 私の、直感である。

 例年でも、お盆時期から、鍋つゆとか、おでん種とかの動きが出てくるが、
 今年は、少し派手に展開でもしてみるか? と考えてしまう。

 当然、さんま、さば、すきやき、しゃぶしゃぶなども、すこしスペース拡大し、
 秋の味覚の強調も、今年に関しては、お客様の今の心を掴むのでは?

 日本人は、この辺の、季節感の感じ方は微妙である。

 だから、この商売、マニュアルを通り越した、商売感が大切なのである。

 いづれにしても、もはや8月。

  8月17日まで突っ走るしか、ないのである。

|

« グロサリーへ「喝」 | トップページ | マイ・ブームⅡ »

商売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/42018716

この記事へのトラックバック一覧です: お客様からの「通信簿」:

« グロサリーへ「喝」 | トップページ | マイ・ブームⅡ »