« 売上レコード | トップページ | 惣菜チーフの迷い »

2008年6月12日 (木)

父の日の展開事例

皆さん、こんにちは
 北関東の食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。

いよいよ、父の日である。

今回も、いろいろな企画を立案しているが、
 以前の父の日で展開した事例を、公開したいと思います。

<a href="http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/titinohi-jirei.xls">ダウンロード titinohi-jirei.xls (1215.0K)</a>
  *画像は、3日後に消去されます。


まずは、「まぐろ」の展開
 冷凍まぐろの相場が高騰している中、いかに「生まぐろ」を仕掛けられるか?
 生まぐろは、相場感度の技術を要する商品であり、また、商品技術をもって
 しなければ、さばききれない。よって、その基礎技術を高めなければならない。

次は、「かに」類の展開
 ご馳走といえば、「かに」
 毛がにや、タラバガニを相場や、カットで売り込めるか?
 これも、調理技術を要する商材であり、イベント時の売り込み技術の差が
 歴然と出てくる商品です。

また、「盛り合わせ」に関しては、
 旬盛りと、中トロ入り盛り合わせのウェイトを高め
 たい。嗜好品の「生うに」等もしっかりと展開したいもの。

デイリーの「おつまみ」に関しては、
 テーマでくくり、「和のおつまみ」「洋のおつまみ」の提案。

精肉は、
 なんといっても、「ステーキ」「焼肉」のアイテムを豊富に。

お酒も、
 イベント時の売り方に工夫を凝らせば、主婦の心をつかむもの。

以前の、私のお店の企画ゆえ、古い事例ですが、参考になれば、です。

まだまだ、他の食材の提案も必須ですが、代表的な主力単品のみ、
 事例として、アップしてみました。

今年は、うなぎの売り込みが、見込めないため、
 更に、アップした事例を強化しながら、より美味しいご馳走に、
 シフトさせ、「いつも、ひもじい想いをさせている、お父さんへの感謝」
 をテーマに、打ち出したいものです。

|

« 売上レコード | トップページ | 惣菜チーフの迷い »

商売」カテゴリの記事

コメント

KEINさん、コメントありがとうございます。

隣の芝生は綺麗に見えるもの。
もっと、自分の芝生の良さを見つけてください。
自ら考え、実行したことだけが身につくもの。
そして、それは、お客様に、ストレートに近づいているという事。
どんなに立派な売場でも、お客様に支持のない売場は、価値無し。
それは、KEINさんが、母の日で120%達成した事実として現れているのではないでしょうか。
しかし、このような「場」で自分を磨くことも大切。
共に成長しましょう。
また、コメントください。

投稿: てっちゃん | 2008年6月15日 (日) 00時12分

みなさんが、レベルの高い売り場作り=お客様に挑戦している事が、大変刺激になります。みなさんのブログを見ていると自分はまだまだだなぁ(+_+)もっともっとがんばらなきゃ!って思います。昨日より今日、今日より明日と進化(新化・深化)していきたいです。

投稿: KEIN | 2008年6月14日 (土) 12時28分

商人伝道師さん、コメントありがとうございます。

やはり、「まだまだ、もっともっと!!」ですね。
上には上が、サプライズの上には、スーパーサプライズが。

年々進化していく「父の日」。だから、お客様も年々進化し、期待し、来店される。
そんな、期待と対応の関係を更に今年も深めていきたいと考えています。

今年の父の日、商人伝道師さんにお見せ出来る売場であれば、送ります。当然そのつもりで全力を注ぎますが。

また、コメントください。

投稿: てっちゃん | 2008年6月13日 (金) 23時31分

toyoposさん、コメントありがとうございます。

過去の取り組みなので、実情の商品や旬にあってない部分もあります。

機会があれば、またアップしたいと思いますが、がっかりされぬよう。

また、コメントください。

投稿: てっちゃん | 2008年6月13日 (金) 23時19分

「まだまだ!もっともっと!!」
お父さんって、「お酒飲み」ばかりなんだろうかな?
自宅で、"サプライズ"ある商品ほしいな〜!話題になる商品ほしいな〜!
「カスタマー・ディライト(顧客感動)」が、ほしいな〜。

商人伝道師の"独り言"でした・・・・(笑)

結果期待してます!
できれば、取り組みの写真、小生のオフィスに送っていただくど、"スーパーサプライズ"を展開する!小生のクライアントの写真集が送ってきますよ。
CD-Rで送ってください。
スーパーノウハウをプレゼントします。
ハハハハ・・・・・。

お邪魔しました。

投稿: 商人伝道師 | 2008年6月13日 (金) 21時53分

てっちゃんさん おはようございます~。いつも楽しく拝見しています。

>父の日で展開した事例を、公開

流石ですね、素敵な絵拝見いたしました。
先だって、三重県のG社の
「恵方巻新記録に挑戦」というvを拝見する
につけ、生鮮イヘントの重要さを
認識いたしました。

また、機会がございましたら拝見させていただければ幸いです。

ありがとうございました。

投稿: toyopos | 2008年6月13日 (金) 09時18分

KEINさん、いつもコメントありがとうございます。

大変、いい取り組みですね。

お店の従業員の目標を共有する、意志を共有することは、そこに宿る「商品」や「売場」に、魂が共鳴すること。それは、必ず、お客様に伝道します。
結果、母の日の、昨年比120%の結果につながったのでしょうね。

結果とは、常に、そのプロセスで、魂の共鳴が増幅し、最終のお客様に伝道できたかの、数値なのだと思います。

KEINさんの売場も、是非、お見せください。是非。

投稿: てっちゃん | 2008年6月13日 (金) 06時54分

素晴らしい売場ですねぇ(@_@)印刷してみんなに見せてあげようと思います。

私も、部門チーフとサブチーフに「これを売りたいんやぁ!」という商品を収集したところ、海産は天然生本マグロとイカの囲炉裏焼き、精肉はサーロインステーキと焼肉(三角バラ、ミスジ、ヒウチ)・青果は佐藤錦・日配は特保アイテム・グロサリーはプレミアムビールとウコンの力、惣菜はアップグレードのにぎり寿司で勝負する事になりました。目標は社内で全店1位です。

母の日で初めて副店長として、音頭をとって催事にチャレンジして成功?(売上前年比120%)しましたので、再びみんなを煽って・盛り上げて成功したいなぁと思っています。

もっとも商人伝道師さんのブログを見ていると、120%ではまだまだ基準が低いって叱咤されるんでしょうが^_^;


 

投稿: KEIN | 2008年6月13日 (金) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/41502277

この記事へのトラックバック一覧です: 父の日の展開事例:

« 売上レコード | トップページ | 惣菜チーフの迷い »